血糖値の上昇を抑えたい人は「麦」を食卓に取り入れましょう

キラリモチ

食生活が不規則になったり、食事の内容が高脂肪高カロリーになったりしやすい現代人の多くが抱える悩みが血糖値の上昇

また、年齢を重ねるにつれて気になり始めている人も多くいるでしょう。

 

そんな方々におすすめしたいのが、を毎日の食事に取り入れることです。

 

 

麦にはたっぷりの水溶性食物繊維が含まれています

あまり知られていないことですが、麦には多くの水溶性食物繊維(β-グルカン)が含まれています。

この「水溶性」というのがポイントで、その名の通り 水溶性食物繊維は水に溶ける性質をもつ食物繊維なのですが、実はこれを摂取できる食材はそんなに多くはないんです。

納豆には比較的多くの水溶性食物繊維が含まれているのですが、麦にはその3倍近くの量が含まれているというデータもあります。

 

 

水溶性食物繊維は血糖値の上昇を抑えるのに効果的!

麦に多く含まれる水溶性食物繊維の一種であるβ-グルカンは、水に溶けると水分を吸収してゼリー状に固まるという性質があります。

このゼリー状になったβ-グルカンが、胃の中にある食べ物を包み込んで消化器官をゆっくり移動してくれるので、糖質の吸収をゆるやかにしてくれるのです。

 

 

特に多く含まれるのが「キラリモチ」

「キラリモチ」とは、農研機構が開発した「もち麦」の新品種です。

キラリモチはβ-グルカンの含有量が、従来の大麦の品種よりも 1.5倍程度多く含まれます。

玄米と比較すると約3倍

白米と比較するとなんと約20倍の量です。

キラリモチであれば無理なく食事に水溶性食物繊維を取り入れることができるということです。


血糖値が気になる方は、ぜひ麦を食卓に取り入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました